リアルタイムの情報共有

過疎地で働くという生き方

リアルタイムの情報共有 自宅のコンピュータとインターネットを使って仕事をする人もたくさんいます。
個人事業ならばもちろんそれでいいでしょうが、驚くことに、企業に属しているサラリーマンが在宅で業務をしている場合があるということです。
単なる資料つくりなどではなく、自宅のパソコンでインターネット上のシステムを管理できたりするのです。
さらに通信技術という点でもインターネットの普及は大きな社会変化をもたらしています。
企業の規模に関係なく、IT関連企業であればデータのやり取りやシステム構築、プログラミングなど、大都市にいなくてもできる仕事内容が多くなっており、地方に、さらに言えば過疎化が進んでいる地域に事務所を構えるという発想も生まれてきています。
起業はもちろん、今や働く場所が限られない働き方が出てきて、過疎化が進む地域では、そういった点に着眼して企業誘致や起業支援などを打ち出しているところもあります。
地域活性化にも繋がるかもしれない新しい働き方。
それはインターネットという技術革新があってこそなのではないでしょうか。
機械技術というハード面での進展と共に、地域活性といったソフト面での発展が今後も期待できます。
これからは仕事の内容だけでなく、住みたい地域というものがひょっとしたら就職活動のポイントになってくるのかもしれません。

お役立ち情報



Copyright(c) 2022 リアルタイムの情報共有 All Rights Reserved.